9万キロの車を売って日産の残クレで乗り換えるのってどう?

走行距離9万キロほどの車を売って残クレを組んでみませんか?と言われることがあります。

 

残クレは車を下取ることが前提となりそれで月々の支払額を算出します。リースと似ていますがリースは返却を必ずしなければいけないので性質が全く違います。

 

保証価格で買い取ってもらえばよいのですが、走行距離制限を超えたらその分ごとに支払額が増える、または大きな事故を起こしたら買い取ることさえ不可能になります。

 

しかし普通に購入する場合も査定で減額されます。
上のような走行距離9万キロほどの車は大分使っていることになると思われるのでその分査定価格が安くなることが容易に想像できます。

 

じゃい安い金額で査定されてまで残クレが似合う人はどう言った方か?と言うと、
・車を3年か5年で買い換える

・走行距離内しかいつも走らない(月に1000キロか1500キロのコースを日産上では選びます。)

・月ごとの支払いを安くする分、ワンランク上の車を使ってみたい。

 

上記のような例が上げられます。

 

車は3年か5年も経てば新しいものが沢山登場するのでそう言ったのを試しやすくなりますし、かと言って長距離ドライブをするほど車に嵌っているわけではない。そんな「ほどよくミーハー」の方に残クレは向いています。

 

 

・残クレは車初心者にも向いていません。

ほどよくミーハーに向いていると書きましたが、反対に車をとことん使い倒したい方には全く向いていません。

 
残クレで得た車に改造を施しまくるとそれを元に戻すための費用を、残クレのお金を最後に支払う時に合わせて取られます。
残クレは決して、月ごとの支払いを安く住んで浮いたお金を車に回すためのものではありません。

 

自分が車をどうやって使っているかは長年の経験で分かってると思うので、振り返ってみて「いや、車大分使ってるな」と感じたら残クレは使わないほうが吉です。

 

または車の免許を取ったばかりで自分がこれからどう車を利用していくか分からない方も、使用しないほうが良いです。(下取ってもらう車もありませんしね。)

 

車の経験歴がそれなりにあり、それでいて車は使うシーンは限られてて高いお金を払ってまで購入するのが億劫だなと言う方は残クレに向いていると思います。

 
ただ残クレは普通に車検やガソリン入れも必要になりますし。(車検は日産がタイプサポートしてくれますが)カーリースと言う選択肢もあるので、もっと調べてみて残クレ以外になにかないのか?探すのが利口だと思われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ